収益物件を購入しよう|成功するファイナンス

サラリーマン

高くても安くてもダメ

不動産案内

不動産投資を行う際に最も重要なのは家賃相場の把握です。家賃相場は借り手との駆け引きの材料となります。この価格が安ければ、利益率を下げることになりますし高ければ、借り手がつかないことになります。投資は不動産管理会社などを通じて行う事が一般的です。

View Detail

初心者向きの不動産投資

家の模型

アパート経営やマンション経営などに比べると駐車場経営は維持管理コストがかからない分だけ経営が容易と言えます。必要経費は初期投資の工事費が主なものになりますので、投資額が少なくて済むのがメリットと言えます。

View Detail

初めての不動産投資

集合住宅

資金力に見合った物件選び

少子高齢化が進み人口が減少している現在の日本でも、東京や大阪などの大都市圏には人口が集中しており、今後とも賃貸住宅の需要は増加しつづけると考えられます。大阪では学生や単身世帯をはじめ、若いファミリー層などの住居として賃貸住宅へのニーズが高く、収益物件への投資が盛んに行なわれています。物件の数自体が多く選択肢の幅が広い大阪では、各自の資金力に見合った収益物件を選ぶことができます。小規模な物件であればローンを利用し、自己資金なしでも始められるというメリットがあります。駅や商業施設に近く、交通至便・生活至便な物件が多いのも大阪の特徴です。こうした高利回りの収益物件は、低金利時代の有力な資産運用法として有望視されています。

安定収入のために

収益物件を選ぶ際に最も重要なのは利回りです。しかし利回りの数字以外にも、注目すべきポイントはいくつかあります。たとえば築年数の古い物件は、大規模なメンテナンスが必要になる場合があります。リフォームをしないと入居者の人気が下がり、入居率が低くなる可能性もあります。安定した高利回りで運用するには、常に魅力のある収益物件となるよう注意しなければなりません。個人で管理するのが面倒な場合は、賃貸管理会社にアドバイスを受けるのも一つの方法です。経営のノウハウや最適なリフォームについて、有益な情報が得られるでしょう。適切な管理を行なうことにより、収益物件の資産価値を維持したまま、長期的な安定収入を上げることができます。

安定した収益の確保

スーツの男性

不動産事業でサブリースは安定的な収入を確保する有力な手段となっていますが、経済変動が激しくなっているため、契約内容に変化が見られます。事業に取り組む場合にはサブリースの内容の変化にも対応できるように準備をしたうえで契約をする必要があります。

View Detail