収益物件を購入しよう|成功するファイナンス

man

安定した収益の確保

スーツの男性

テナントの誘致力

不動産事業は景気動向の影響を大きく受ける業種になっています。個人向けは所得に左右されますし、法人向けは業績に大きな影響を受けることになります。不動産投資を行う場合にはサブリースをすることによって長期的に安定的な収入を確保することが可能になります。しかしながらサブリースはリスクを伴うため、受託するところも物件の立地や賃料目線によってサブリースが可能かどうかの判断を行います。サブリースを行う場合にはテナントや入居者の確保が重要となるので誘致力の優れた業者に委託することが重要です。サブリースは定期的に価格の見直しが行われる契約になるため、サブリースを受託できるにはテナント誘致力のある業者が選ばれる仕組みとなっています。

経済変動が激しくなる

今後の不動産動向は経済活動のグローバル化によって世界経済の影響を受けるため、ボラティリティ―が大きくなっています。したがって賃料の変化も大きくなるため、サブリースのリスクが必然的に高まっています。こうした傾向を反映して、受託する業者は減少する傾向にあるとともに、手数料の上昇が顕著となっています。しかしながら自らがテナントを集める力がない場合にはサブリース業者に依存することが避けられません。当初の契約をできるだけ長期間にするとともに、契約内容の見直しの頻度をなるべく長くする必要があります。バブル崩壊後にサブリース契約を曖昧にしていた結果係争に進展したケースが少なくないからです。サブリースで安心することなく、変化に応じたシミュレーションを行って事業に取り組む必要があります。